防犯効果が高くなる玉砂利を敷くこと|他にも色々なメリットがある

砂利で防犯対策しよう

鍵と家

一戸建て住宅などを中心に、様々な防犯対策を取っている家庭も多くなっている。マンションなどでは、オートロックにより建物へ入る時点で制限されたり、階が上がることで侵入経路が少なくなるなど、空き巣などに侵入されにくい。一方、一戸建て住宅では侵入される場所が多く、空き巣被害にあいやすいということがある。これらの一戸建て住宅で空き巣に侵入される場所として多いのが、一階の窓からの侵入である。窓を割られることで比較的簡単に侵入されることから、これらからの侵入が多くなっている。防犯対策には様々あるが、これらの窓などからの侵入を防ぐための対策としてあるのが、防犯砂利である。空き巣は音がでることを嫌うことから、防犯砂利は効果が高い。

空き巣が侵入しやすい一階の窓や玄関付近などを中心に、防犯砂利を敷いておくことで、歩くだけで音がでる。侵入しようとする者にとっては、音が出ることを最も嫌うとされているため、防犯砂利を引き、歩くだけで大きな音がでるということは防犯対策として大きな期待ができる。防犯砂利を敷く場合には、隙間なく防犯砂利を敷くことが重要である。隙間があることで、音が鳴らない場所を選んで歩かれてしまう。このような場合には、防犯効果が薄れてしまう為、侵入経路となりそうな場所には広範囲に防犯砂利を敷いておくことがポイントになる。また、防犯砂利では商品により音のなり方が大きく変わることがあるため、なるべく音の出やすいものを選ぶと良い。